Office-inf

Office2019のプロダクトキーを変更する

複数のMicrosoft Officeライセンスを持っている場合、或いは Office2019 の新規インストール時に、誤って使用中の プロダクトキー を入力した場合、プロダクトキーを変更する必要があります。 では、 Office2019 のプロダクトキーを変更する方法をご紹介します。 Office アプリで、「ファイル」メニューをクリックし、下部にある 「アカウント」 を選択します。 「製品情報」の下にある 「ライセンスの変更」ボタンを選択します。 「プロダクト キーを代わりに入力する」を選択します。 Office 2019 のプロダクト キーを入力し、[代わりにこの製品をインストールする] を選択します。 すると、Office で更新処理が開始されますますので、すべての Office アプリを終了して処理を完了します。       この商品を見ている人はこちらもチェック --------------------------------------------------------------------------------------------  

続きを読む →


Office 365 ダウンロード

Microsoft 365

Office 365 ProPlusは、最新版Officeアプリケーションを提供するサービスです。 Office 365 ProPlus は、個人所有の「パソコン(Mac含む)」「スマートフォン」「タブレット」それ ぞれ最大5台までインストールが可能です。 Office 365 ProPlusでは、MacBook,iMac,MacProにもインストールできます。 Office365 へサインインクラウドサービスサイトにアクセスしてください https:/www.office.com/ STEP 1 Office 365 にサインインします。 Office365のサインインページにアクセスして、サインインボタンをクリックします。当店から届いた アドレス(ユーザーID)とパスワードを入力し、サインインボタンをクリックします。 STEP 2 インストールが開始されます。 「Office 2016 アプリをインストール」をクリックし、「Office 2016」を選択すると日本語版の32ビットバージョンをダウンロードします。インストーラがダウンロードされたら、メッセージが表示されますので「実行」をクリックして、インストールを実行します。実行するとインストールが完了するまで、途中で中断できませんのでご注意ください。 ● インストール言語、バージョンを選択し、[インストール]をクリックします。 日本語以外の言語とそのほかのバージョンをご希望の場合は、[その他のオプション] をクリックしてください。言語と64ビットを選択して「インストール」ボタンをクリックします。インストーラがダウンロードされたら、メッセージが表示されますので「実行」をクリックして、インストールを実行します。実行するとインストールが完了するまで、途中で中断できませんのでご注意ください。  STEP 3インストール完了 インストールが完了すると、次の画面が表示されます。「閉じる」をクリックします。 STEP 4 ライセンス認証完了 Word,Excel(どちらでも構わない)などのアプリを開いて、「ファイル」、「アカウント」の手順でクリックして、認証された製品を確認できます。 ≪注意事項≫ Office365 ProPlus は、パソコンが30 日ごとに1 回以上インターネットに接続することでOffice の 完全な機能を維持します。30 日間インターネットに接続されないと機能制限モード(ファイルの表 示・印刷のみ可能で、新規作成・編集は無効の状態)になり、「非アクティブ化された製品」のメッ セージが表示されます。「非アクティブ化された製品」と表示された場合は、[サインイン]を選択し てください。   この商品を見ている人はこちらもチェック -------------------------------------------------------------------------------------------- ● Microsoft Office 2021 Pro plus |最新 ダウンロード版|Windows/10/11 ● Microsoft Office Home & Business 2021 for Mac |最新 永続版 ● Microsoft Office 2019 Professional plus 最新ダウンロード版|Windows ● Microsoft Office 2019 Home and Student ダウンロード版|Windows ● Microsoft Office Home and Business 2019 For Mac ダウンロード版 ● Microsoft Office Home & Business 2019ダウンロード版|Win/Mac...

続きを読む →


最新Microsoft 365をダウンロードしてインストールする方法

Microsoft Officeのサブスクリプション版として、Microsoft 365である。では続きまして『Microsoft 365』のインストールを行います。Microsoft アカウントにMicrosoft 365 プロダクトキーを関連付けて、マイクロソフト社のホームページからダウンロードしてインストールします。以下に「Microsoft 365 Family」をPCでインストールする手順を解説していきます。 STEP 1 Microsoft アカウントをサインインする Microsoft 365をインストールするには、マイクロソフトアカウントが必要です。 アカウントとパスワードを入力します。(マイクロソフトアカウントをお持ちでない方は新規作成する必要があります。 ) STEP 2 Microsoft 365プロダクト キーの入力する Microsoft 365を購入した時のプロダクトキーを入力します。「国または地域」を「日本」、「該当する言葉」を「日本語」に指定して、「次へ」をクリックします。 STEP 3  マイアカウントからインストールする Microsoftアカウントの「サービスとサブスクリプション」をクリックするとMicrosoft 365 Familyがセットアップされています。Microsoft 365には、[PC や Mac にプレミアム Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) をインストールする]をクリックします。「その他のオプション」を選択し、 [言語とバージョン] (64 または 32 ビット版) を選び、「インストールする」をクリックしてください。Microsoft 365をインストールする前に、「使用しているOSの 32bit 版、64bit版を確認方法」を参照してください。 STEP 4Office をインストールする ダウンロードしています。[office Setup]をクリックして実行し、インストールを開始します。 すべて完了です。Office はインストールされました」 というテキストが表示され、コンピューター上の Office アプリケーションの場所を示すアニメーションが再生されると、インストールは終了です。 「閉じる」を選択します。 STEP 5 認証完了 最後に、Microsoft 365のインストールと認証完了を確認します。こちらはExcelで試してみました。Excelを開いて、「ファイル」、「アカウント」順にクリックすると認証された製品名が表示されます。   以上で、Microsoft 365 Familyのダウンロード・インストールがすべて終わりました。Microsoft 365をインストール時トラブルあった場合は、「Microsoft サポート/回復アシスタント」をダウンロードしてインストールして解決することができます。

続きを読む →


Windows10 32bitと64bitの違いと確認方法

Windows 10 の 32bit 版と 64bit 版の違いや確認する方法を紹介します。 通常は、64bit 版の Windows10 がおすすめです。 Windows 10 の 32bit と 64bit の違い bit(ビット)とは、コンピューターが扱うデータの最小単位のことです。bit 数が多ければ多いほど、表現できる情報量が増えます。ということで、64bit版の一括処理できるデータ量が 32bit 版より大きいです。 Windows の 32bit 版と 64bit 版でのメモリの上限とドライブ容量の上限の違いは以下の通りです。 32bit 版 Windows はメインメモリー容量は 4GB まで使える 64bit 版 Windows は4GBを超えるメインメモリー容量を使える 32bit 版 Windows はパソコンに容量 2TBまで 64bit 版 Windows はパソコンに容量 2TB以上 32bit 版 Windows は、パソコンに 4GB を超える容量のメインメモリーが搭載されていても容量 4GB までしか使えませんが、64bit 版 Windows なら 4GB を超える容量を使えます。同じように、32bit Windows ではパソコンに容量 2TB を超える起動ディスクが搭載されていても容量 2TB までしか使えませんが、64bit 版 Windows なら使えます。 •Windows10 32bit・64bitはCPUによって決まる•32bit対応CPUはWindows10 32bit、64bit対応CPUは Windows 10 64bitを使用する•CPUの32bit・64bitはレジスタのサイズ•レジスタはCPU内部メモリー•32bitより64bitのほうが処理が速い Windows10 32bit 版、64bit版の確認方法 Windows10 のパソコンを用いて、32bit 版か 64bit 版の確認方法をご紹介します。 1. Windows スタートメニューの「設定」アイコンをクリックします。 2.「システム」をクリックします。 3.メニューから「バージョン情報」をクリックします。 4.「システムの種類」から 32bit 版か 64bit 版を確認できます。   この例では「 32bit オペレーティングシステム」です。 最後に 新しいパソコンを購入する際に、64 bit...

続きを読む →


Microsoft Office 2021 と Office 2019 の違いが驚くほど良くわかる!

Office 2021 と Office 2019 の違いについて情報まとめ記事です。 Microsoft Officeは3年ごどに新しいバージョンを発売します。Office 2021は最新バージョンの永続ライセンスです。 最新バージョンであるため、前バージョンの Office 2019より改善された新機能があるのは当たり前です。 この記事でOffice 2021の 変更点をOffice 2019と比較しながら説明していきます。 Windows 11でOfficeを使いたい人におすすめの商品。 Office 2021 と 2019 の変更点 Office 2021 と 2019 の変更点を、対応OS、サポート期間、アプリケーションの追加、追加された新機能に分けて紹介します。 対応OS Windows 向けOffice 2021 と 2019 の対応OSの違いは表のとおりです。 製品名 Office 2021 Office 2019 Windows 10 〇 〇 Windows 11 〇 ×   サポート期間 Office 2021のサポート期限に変更があります。 Office 2019では、メインストリームサポート5年と延長サポート2年と合計7年間のサポート期限となっていました。 Office 2021バージョンでは、延長サポートがなくなり、メインストリームサポート5年でサポートが終了するようになりました。   Office 2019 Office 2021 発売日 2018/09/24 2021/10/05 メインストリーム 2023/10/10 2026年 延長サポート 2025/10/14 なし   含まれるアプリの 変更 Office 2019では、One Note が含まれないがOffice 2021にOne Noteを追加しています。   Office 2019 Office 2021 Word 〇 〇 Excel 〇 〇 PowerPoint 〇 〇 Outlook 〇 〇 OneNote × 〇 Access...

続きを読む →